総量規制って何?

数年前に総量規制の導入に伴い、消費者金融を利用できる人が限られてしまうというニュースが話題になったのを覚えていますか?
なんとなくしか覚えていない人も多いのではないでしょうか。消費者金融を利用するつもりがあるのであれば、総量規制について知っておきましょう。

総量規制は2006年12月に成立した貸金業法にのっとった規制です。実際には貸金業法は2010年の6月に施行されました。
2010年以前は収入による借入金額の制限は法律上はなかったのですが(各機関の審査によっていた)、この総量規制が導入されたために借入金額の上限が年収の3分の1以下に制限されました。
そのため、収入を持たない、あるいは少ない専業主婦やフリーターなどが借り入れを行うことが難しくなったのです。
この総量規制が施行された背景には、消費者金融等からの借入が過剰になってしまったために返済が滞り、次第に返済不可能になっていってしまった人が数多く発生したということがありました。返済不可能になってしまった原因の多くは収入に対して返済不可能な額の借り入れを行ったためであったと言われています。
返済不可能になると、ほとんどの人が他の消費者金融から新たに借入を行い、それを返済に充てるといういわゆる自転車操業状態になってしまうのです。
そうなると借入総額はどんどん膨れ上がってしまい、いずれ破綻して自己破産を行わざるを得ない状況に陥ってしまいます。
そのため、一般に返済可能であろう金額、収入の3分の1までの総量規制を行うといった法律ができたのです。
総量規制というと不便な印象がありますが、借入を計画的に、健全に行うためには規制は必要なのかもしれません。

ちなみに住宅ローンや自動車のローンなどはこの総量規制の対象外となります。
また、ほかにも銀行での貸付については総量規制の対象外です。しかし銀行の借入に関しては消費者金融に比べると審査が厳しく、また時間がかかるので、消費者金融を利用したいという人も多いようです。