消費者金融の審査は甘い?

消費者金融でキャッシングなどを利用するためには、まず「審査」を受けなければなりません。この審査を受けることで利用者の信用が調査され、無理なく返済できるであろう人にのみお金を貸すことができるのです。
さて、その審査は次のような流れで行われます。
キャッシングの場合、まずは消費者金融にキャッシングカード作成のための申し込みを行います。申し込み時に必要なのは、氏名、住所、電話番号、年収などの情報とそれを証明する身分証明書や収入証明書です。
申し込みはインターネットや電話、自動契約機などで行なうことができます。
この申し込み時に提出した情報・書類をもとに「審査」が行われます。
審査では、融資を受ける利用者が確実に返済する経済力があるかどうかを多方面から確かめます。職業、収入はもちろんのこと過去のキャッシングやローンの利用状況までが調べられます。現在他社から多額の借り入れを行っていたり、過去の借入で返済が滞っていたり、自己破産してから年数があまり経過していなかったりすると融資が受けられない場合があります。また、借り入れをしたことがない人でも、収入が不安定なフリーターや専業主婦などは審査が通りにくいと言われています。
申し込みからカード発行までの時間が一番手早く済むのは自動契約機です。最近ではカードの即日発行のできる自動契約機もあり、必要書類を揃えて行けばその場でキャッシングカードを受け取ることも可能です。

さて、この「審査」ですが、消費者金融の審査は銀行の審査よりも通りやすいと一般に言われています。銀行系のカードを作るには結構時間がかかり、審査もじっくりと行われます。その反面、消費者金融では最低限のチェックを行っての融資開始となります。銀行での借り入れを断られた経験がある人でも、消費者金融であれば利用が可能であることもあるのです。ただし、消費者金融の利率は一般に銀行の利率よりも少し高めに設定されていることを忘れてはいけません。