過払い金の返還

2010年の6月に出資法の上限金利が引き下げられ、グレーゾーン金利が完全になくなりました。
これによってそれまで利息制限法によって定められた上限利息をオーバーしていた消費者金融の金利が完全に違法となりました。

ではなぜ、2010年以前はこのようなグレーゾーン金利がまかり通っていたのでしょうか。
日本では利息制限法という法律で貸付金額の上限が15~20%と決められています。しかし、以前はこの利息制限法に違反したとしても罰則がありませんでした。
そのため、罰則の設けられているより厳しい法律である出資法の上限金利29.2%まで実質金利を上げていたのです。この20%~29.2%の間の違法な金利をグレーゾーン金利と呼んでいるのです。
このグレーゾーン金利での貸付が社会的に問題になったため、2010年に出資法の上限金利が引き下げられました。
2010年以前にグレーゾーン金利で借りていた金利支払い分と現在の上限金利で支払った場合との差額を「過払い金」といいます。つまり、払いすぎてしまったお金という意味ですね。この過払い金は取引終了後10年以内であれば返還請求をすることができます。
2010年以前に取引があった場合には、払いすぎた利息が帰ってくる可能性があるのです。返還請求を行って過払い金が戻ってくれば、現在返済している借入金がもしかしたら相殺されるかもしれません。
過払い金の返還を行うためには自分で手続きを行うこともできますが、法律の知識や業者とのやり取りなどが難しい面もあります。個人では難しいと感じた場合には専門家に依頼することをおすすめします。過払い金返還を請け負う専門家としては弁護士、司法書士がいます。弁護士事務所、司法書士事務所などでは過払い金についての初回無料相談を行っているところもありますので、「もしかしたら過払い金があるかも……」という人は一度相談に行ってみるのがよいのではないでしょうか。